不眠症の原因【体調不良】について

身体の不調による不眠症とは?

 

不眠症には様々な原因がありますが、体調不良が不眠の原因となっていることもあるのです。体調不良というのは、何も肉体的なものだけではありません。精神的な面で、体調不良ということもあるのです。

 

身体的な理由の場合

 

身体的な事が原因の場合には、発熱や頭痛・痛み・痒み・咳等の場合に眠れなくなると言う場合が多い様です。ほかにも更年期障害や肩こり・腰痛・冷え性・眼精疲労などが原因となっていることもあります。

 

こういったことで体調不良を起こし、不眠症へとつながっていくのです。体調がすぐれないと感じた場合には、まずは体を健康な状態に戻すことを考えましょう。

 

心地よく眠るためには、リラックスすることも大切です。リラックスすることによって、眠ることができるようになります。温かい飲み物を飲んで体を温めたり、軽いストレッチなどで血行をよくすることもよいでしょう。内側から体を温めることによって、眠りにつきやすくなります。

 

精神的な理由の場合

 

精神的なことが原因で体調不良を引き起こしていることもあります。うつ病や統合失調症等が挙げられますが、こういった病気は甘くみてはいけません。心の病気が引金となって眠れなくなってしまうこともあるからです。

 

不眠症を患っている方というのは、こういったこころや体に病気を持っている方が多いようです。不眠症を患っているということは、心も体も悲鳴を上げて助けを求めているということではないでしょうか。不眠症を改善するためには、体や心の健康についてもう一度考えてみましょう。心の病気の場合には、心療内科を受診するのもよいですね。ゆっくりと不眠症を解消していくようにしましょう。