睡眠障害とは

睡眠障害とはどんな症状?

 

不眠症というのは、睡眠障害の中のひとつです。睡眠障害には、いくつかの種類があるので見てみましょう。自分の睡眠障害がどの種類なのかを把握しておくことによって、その解消法も知ることができるのです。

 

不眠症

 

不眠症というのは、睡眠が長く続かずに寝つきも悪い状態です。こういったことが障害となって、睡眠に現れてくるのです。

 

過眠症

 

一回眠るとなかなか目が覚めず、昼間に眠気が強く襲ってきて眠ってしまう様な状態です。

 

概日リズム睡眠障害

 

リズムが崩れるということですが、1日24時間周期の生活リズムで人間は生活しています。朝になったら起きて、夜になったら眠るといった具合にです。こういった睡眠のバランスが崩れることによって、不眠症に陥ってしまうこともあります。

 

長期不眠の場合は専門医で診察すること

 

睡眠障害には、このように様々な種類があります。例えば不眠症であれば、一過性のものから短期や長期に分けることができます。それぞれによって症状も異なり、早めの対策をとるようにしましょう。

 

一過性不眠の場合には、旅行などの環境が変わる場合ですが眠れなくなってしまいます。一過性の場合には、ふつうの生活に戻った時点で解消されることがほとんどです。短期不眠の場合には、眠れない状態が短期間(1~3週間位)続く事を指します。長期不眠の場合には、それ以上に長く続くことを指します。

 

長期の不眠症の場合には、解消が難しいのです。ですから、専門の病院できちんと治療をしてもらうようにしましょう。