不眠症を寝具で解消

今の寝具で熟睡できていますか?

 

不眠症には、寝具がとても深く関係しています。眠る環境を整えるという意味でも、一度自分の寝具を見直してみてはいかがでしょうか。不眠症で悩んでいるのであれば、なおさら現在自分が使っている寝具が理想かどうかを見直してみましょう。

 

理想の寝具とは?

 

では、理想の寝具とはどのようなものなのでしょうか。睡眠中は何度も寝返りを打つので、体にフィットすることが一番です。布団が体に合っていないと、体制も変えづらく寝心地も悪くなってしまいます。入眠時にフィットすることはもちろんですが、寝返りを打つときにもフィットすることが理想です。

 

どんな枕がいいの?

 

では、体にフィットするというのはどのような状態をいうのでしょうか。まず枕についてですが、枕は高すぎても低すぎてもよくありません。4センチぐらいの高さが理想とされており、素材は低反発やそば殻等色々あります。

 

素材に関しては、自分の好みのものを選ぶとよいでしょう。枕の専門店などもあり、自分に合った枕の高さや素材などを選んでくれます。自分で理想の枕を探せないのであれば、こういったお店で選んでもらうのもよいでしょう。

 

どんな布団がいいの?

 

つづいて布団ですが、敷布団は柔らかすぎてはいけません。掛け布団は汗をため込まないようにするためにも、放湿性が高いものを選ぶようにしましょう。羊毛布団か羽毛布団がおすすめで、汗を発汗することで快適に眠ることができます。

 

不眠で悩んでいるのであれば、不眠解消のためにも一度寝具を見直してみてはいかがでしょうか。