不眠症の原因【精神的疾患】について

精神疾患による不眠症とは?

 

不眠症の原因のひとつとして、精神疾患によるものがあります。精神疾患というのは、例えばうつ病などになります。ストレスで眠れないといったようなことも、この精神疾患に含まれることになります。夜中になんども目が覚めるということは、不眠症の症状としてよくあることです。この症状によって熟睡できないことがよくあるのですが、これは睡眠時無呼吸症候群の症状によることも多いようです。

 

不眠症からうつ病になることも

 

こういった症状が悪化し、結果うつ病などの精神疾患を引き起こしてしまっていることもあります。精神疾患が原因の場合には厄介なもので、よく眠れないといった症状だけが出ない場合もあるのです。一睡もできないといったような場合も、けっこうあります。精神的疾患が先に来て不眠になる場合も有ります。逆に、不眠になってからそれがストレスになって精神的疾患を発症してしまう事も有ります。

 

先ずは精神疾患の治療から

 

こういった場合には精神疾患をしっかりと自覚することが大切で、まずは病気を治療することから始めます。そうすることで、不眠症の改善にもつながっていくことでしょう。自分が精神疾患であることに、気が付いていない場合もあります。

 

そういった場合には、治療することもないので不眠症も続くことになります。病気も悪化することになるので、そうなってからでは遅いのです。

 

精神疾患が原因の場合は専門医へ

 

不眠症で悩んでいるのであれば、精神疾患が原因の可能性もあります。病気も不眠も解消するためにも、専門の医師に診てもらうようにしましょう。