【慢性化する前に】睡眠薬に頼らない!不眠症の症状を解消させる方法

 

不眠症は寝つきが悪かったり、途中で目が覚めてしまったりと症状は様々です。睡眠の質や量、睡眠時間が自分の思ったように取れません。このまま不眠症の症状が続くと、やがては心身に様々な問題が生じてきます。疲労感がずっと残ったままで倦怠感があり、意欲や集中力が低下する。生活習慣病やうつ病などの引き金になることもあります。

 

ここでは不眠症を早期のうちに解消させる方法をご紹介しています。症状を放っておくと悪化してしまうので、なるべく不眠症を解消してくださいね!

 

不眠症とはどのような症状なのでしょうか?

 

不眠症と聞くと、皆さんはどのような症状を思い浮かべるでしょうか?やはり「眠れない」という症状を思い浮かべる方がほとんどでしょう。不眠症というのは実は眠れないという症状だけでなく、ほかにもいろいろな症状があるのです。

 

症状が慢性化すると危ない

 

不眠症の症状として、「寝付きが悪い」「眠りが浅い」「熟睡出来ない」「夜中に何回も目が覚める」「短時間しか眠れない」等色々有ります。こういった症状が一度あったからといって、必ず不眠症というわけではありません。何度もこういった症状が続き慢性化することによって、不眠症となるのです。

 

こういった症状を改善する必要があるのですが、自分にはどの症状もあてはまらないので不眠症ではないと思う方もいるでしょう。ですが、起きた後に眠気があったりだるさや倦怠感などを感じるようであれば、それは不眠症の予備軍かもしれません。ですから、安心とはいえないのです。

 

現代の日本では不眠症で悩んでいるかたは、数多くいらっしゃいます。人数も増加傾向にあり、原因はストレス等様々有ります。5人に1人が睡眠に関して何らかの問題を抱えており、10人に1人が不眠症の症状を訴えていると言います。身近にある、もっとも解消しなくてはならない問題なのかもしれません。

 

自分に合う睡眠時間を確保する

 

睡眠時間が短いからといって、不眠症というわけではありません。反対に睡眠時間が長いからといって快眠しているというわけでもないのです。自分にあった適正の睡眠時間を、きちんととる必要があるのです。

 

不眠の状態が長く続くことは良いことではなく、日常生活に支障をきたすことになります。眠れないではなく、しっかりと自分にあったケアをしていくことが大切なのです。

 

不眠症に見られる症状

 

不眠症の症状である眠れないにも、色々な症状があります。「入眠困難」「熟睡障害」「中途・早朝覚醒」と言う症状などがあるのですが、こういったことが一度あったからといって不眠症ではありません。これらの症状が最低でも週に3回以上、最低でも1ヶ月以上続いている状態であれば不眠症の可能性があります。睡眠障害が慢性的に起こるものを不眠症とよび、一過性のものではありません。

 

これらの不眠症は、どのようにして改善していけばよいのでしょうか。不眠症というのは、個人個人それぞれ症状が異なります。その症状にあわせて解消方法を見極めていく必要があり、まずは現在の状況を確認するようにしましょう。

 

  • 現在の睡眠状態は、どうですか?
  • また一回寝たのに大木な音がしたり、寝苦しくて途中で起きてしまうことはありませんか?
  • その後眠れなくなってしまったり、たまに寝なきやならないのにいつまでたっても眠れないはありませんか?

 

一過性であれば大丈夫

 

一過性のものであれば、さほど心配することはありません。これは不眠症ではなく不眠なので、誰もが経験したことがあるででしょう。さらに1か月以内しか続かなかった場合は、短期不眠と呼ばれます。身体的要因やストレス等が原因でなってしまう心的要因で起こる場合が多いので、原因さえ突き止めたら解消しやすいのです。

 

不眠症でなかったとしても、眠れないということは非常につらいものです。睡眠に関して何らかの問題が出るようであれば、まずはどんな症状が起こっているのかを確認しましょう。そのうえで、何が原因となっているのかを探しそれを解消することが大切なのです。

 

不眠症の原因とは

 

不眠症になってしまうには、実に様々な原因があります。本当に色々あるので、一概にこれが原因だとは言い切れないところがあります。不眠症には一過性のものと、慢性的なものがあります。

 

一過性の不眠だと自分で気が付かずに悩んでいる間に、慢性的な不眠へと移行していくこともあります。多くの不眠の場合は、一時的なものなのです。ですが、眠れないということは日常生活にも影響を及ぼし事態は深刻化していくこともあります。

 

重症になる前に原因を突き止めて解消しよう

 

深刻化する前に、不眠となっている原因を突き止めて解消していく必要があります。不眠症とはまったく眠れないと思っている方も多いようですが、そうではありません。ですが、不眠症になることによって日常生活の質を落としてしまうことになるのです。ほかにも不眠がきっかけとなって、別の病気を引き起こしてしまうこともあります。

 

ストレスが原因?

 

不眠症になる方の多くは、現代社会の問題ともなっているストレスだと考えられています。ストレス社会と言われている現代ですが、家庭・会社・学校と色んな所でストレスを感じている方も多いことでしょう。ストレスを上手に解消できないことによって、心身ともに影響を与える結果となってしまうのです。そして、不眠症へとつながっていく可能性もあります。

 

まずは不眠に対しての知識を学び、原因の解消に努めることが重要なことなのです。不眠症は、決して甘くみてはいけません。健全な日常生活を送るためにも、快眠を得ることは重要なことなのです。

 

不眠症の解消方法

 

不眠症というのは、なかなか厄介なものなのです。一過性の不眠症であれば、その原因を取り除くことができればすぐに解消することができます。ですが、悪化してしまうことによって完治させることも難しくなってしまうのです。不眠症の症状というのは、一過性のものから慢性的なものからそれぞれです。

 

先ずは不眠の原因を見つける

 

不眠症を解消するためには、どうすればよいのでしょうか。一番大切なことは、まず不眠の原因となってことを見つけることです。不眠症になってしまう原因は身体的な物・精神的な物・環境の変化等様々あります。自分が不眠になっている原因を探ることによってきちんとした対策をとることができるのです。

 

身体的な物が原因であるならば病院に行って治療する・身体的な物であるならば心療内科等に行き心のケアをきちんと行う様にする。こういった具体的な対策をきちんととる必要があるのです。

 

慢性的な不眠を回避する

 

心配事やストレスなどがあっても、ぐっすりと眠ることはできません。こうしたことを解消することによって、慢性的な不眠を回避することができるのです。慢性的な不眠というのは、体にも心にも負担をかけてしまいます。単に眠れないというだけでなく、れっきとした病気のひとつなのです。

 

慢性化している場合は病院で受診する

 

不眠症と軽視することなく、きちんと病院を受診することが大切です。自分でできる対策として眠れる環境を作ることも大切なことです。不眠症という病気は、悪化させると厄介ですがきちんと完治できる病気なのです。あきらめることなく、長期的目をもって対策していくことが重要なのです。

 

不眠症を薬で解消

 

不眠症を解消する方法には様々ありますが、薬を使って解消する方法もあります。不眠症の薬といえば、やはり大抵は眠れるように睡眠薬を処方してくれます。睡眠薬は大方ベンゾジアゼピン系の薬で、ハルシオン・レンドルミン・マイスリー・リスミー・アモバン・ロヒプノール等が代表的な睡眠薬となります。

 

不眠症解消のために睡眠薬は有効で、寝つきをよくする効果があります。そのほかにも自然と眠気が起こるように、ストレス等から来る神経の興奮を抑える鎮静作用もあります。

 

医師の指示を守って服用すれば恐くない

 

睡眠薬を飲むことに、少し抵抗をもっている方もいらっしゃることでしょう。睡眠薬は、医師の指示を守ってきちんと服用することで怖いものではありません。作用時間が長時間にわたる薬では、飲んだ翌朝に眠気が残ったりだるさが残ったりふらつきがしたりする事が稀にあります。睡眠薬の副作用になるので、運転などをされる方は注意するようにしてください。

 

自分の勝手な判断で服用しないこと

 

ほかにも、睡眠薬を飲んだり飲まなかったりするようなことは止めましょう。稀に服用を急に止める事でイラつき感や不安感・眠れなくなってしまうと言った症状が出る事があります。きちんと医師の指示に従うことができない方や、夜中に仕事をされている方などは注意し控えるようにしたほうがよいかもしれません。

 

アルコールの摂取は控えること

 

睡眠薬は、必ず医師の判断を仰いでください。服用の中止や、指示に従わないようであればとても危険です。さらに、アルコールと一緒に飲むことによって副作用が強く表れることもあります。服用中には、アルコールの摂取は控えるようにしましょう。

 

不眠症をサプリメントで解消

 

不眠症で悩んでいるのであれば、サプリメントを利用してみてはいかがでしょうか。現在、多くのサプリメントが販売されています。健康やダイエット・美容など、実に様々な目的のサプリメントがあり、摂取している方も多いことでしょう。そんなサプリメントを使用して不眠症を解消するのではなく、快眠を得るために利用してみてはいかがでしょうか。

 

リラックスできるサプリを利用する

 

気持を落ち着かせることを目的としたサプリメントであれば、快眠を得ることができるのではないでしょうか。緊張状態が続くことによって、不眠になってしまうことがあります。こういった状態をサプリメントで解消することによって、眠りにつきやすくするのです。

 

バレリアンと言うサプリメントがありますが、不眠におすすめのサプリメントです。ハーブが主原料となっており、ギリシャの民間療法で使われていたものです。バレリアンの成分が神経伝達物質を働かせて興奮を抑えてくれるので、不安感を軽減させることができます。

 

サプリの摂取時間はいつがいいの?

 

サプリメントは、は就寝時の30~60分位前に飲むのが最も効果的な飲み方です。ビタミンB12もおすすめのサプリメントで、ビタミンには健康促進効果があります。さらにB12には、その中でも脳の健康を促進させる効果があるそうで脳の緊張を和らげてくれます。いつもの食事では、なかなか効率的に摂取することは難しいのです。摂取しにくい部分をサプリメントで補うという方法もあります。

 

サプリメントの力を借りて、不眠症を解消するという方法も試してみてはいかがでしょうか。妊娠中の方やほかの薬を飲んでいる場合には、必ず医師に相談してからにしましょう。

更新履歴